少額で株を楽しんでいます

 

株と聞くと、難しそうとかギャンブルだとかお金持ちのすることだとか、以前はあまり良いイメージを持っていませんでした。

 

でも、幼児がいて働き出す勇気もない主婦の私、インターネットで何気なく株に関する掲示板を眺めていたら、けっこう楽しそうだという魅力を知ったのです。

 

ルールはそんなに難しくないし(専門的なことをいろいろ勉強したら難しいのかもしれませんが)、1万円とか低いものだと数千円で買える株もあって、思っていたよりずっと気軽に始められるものでした。

 

フツフツと興味が湧いてきて、2年前のある日、とうとうネット証券会社に口座を作りました。堅実派の旦那には反対されそうだったので、旦那には内緒で、資金は自分のお小遣いを貯金してた5万円(笑)

 

証券会社に口座を作る前に、株の値動きなどを見ながら頭の中でシミュレーションしていましたが、個別株は値動きが難しく、またどこの株を買ったらよいのか初心者には判断が難しかったので、日経平均に連動したものに挑戦することにしました。

 

私が買うことにしたのは、1570日経平均レバレッジと1357日経ダブルインバースです。日経平均が上がると思ったときには1570を買い、日経平均が下がると思ったときには1357を買い、この2つを使い分けています。

 

予算がたった5万円しかない私ですが、1357なんて2000円前後くらいで1株から買えるので全然問題ありません。資金が少ないので利益も50円とか100円とか少額ですが、大きく儲けるというよりも、ゲーム感覚を楽しんでいます。無茶をしなければ、ゲームセンターに行ってお金を使って遊ぶより、ずっと経済的だと思っています(笑)

 

株を始めてから、世の中の動きにも興味が出てきてとても楽しくなりました。イギリスのEU離脱のときとか、トランプ氏の大統領選挙のときなどは日経の指数も大きく上下して、見ているだけでもドキドキしてとても楽しかったです。

 

お小遣いで株を初めて2年、時には失敗もあり損を出す時もありますが、今のところ収支はちょっとプラスくらいです。あまり冒険をしないでコツコツ進めて行けば、銀行に預金しておくよりもちょっとマシかもしれません。私は気が小さいので、子供の学資金や家の貯金を株で増やそうなんてことは思いませんが、こうやってチビチビとお小遣いで株を売買して遊んでいます。幼児がいてもちょっとした時間に息抜きのように楽しめるので、私のナイショの趣味になっています。

若い世代こそNISAの活用を。

2014年1月から日本で開始したNISA(少額投資非課税制度)という制度の認知度はそれほど大きくないと思います。この制度は株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度であり、20歳以上であれば誰でも自身の意思で利用することができます。(20歳以下もジュニアNISAという制度あり。)2016年より、金額の上限が100万円から120万円に引き上げられ、その金額までの投資であれば非課税の恩恵を受けることができます。

 

現在、NISA口座を開設し、利用しているのは高齢者の方が多いようです。しかし、若い世代の人たちこそ、この制度を利用するべきだと思います。低金利の今の時代、普通預金や定期預金に預けておいてもほとんど増えません。ましてや、物価上昇率2%を目標に掲げている今、お金をそのままにしておくことで、自分の資産の価値を減らしてしまう可能性もあります。将来の資産形成のためにも、余裕資金の範囲内で運用をすることは、必要なことだと思います。私自身は昨年注文住宅に投資してしまい、後悔しています。株に投資するべきだったと。(参考:注文住宅ブログ

 

しかし、始めるに当たって「どんな商品を選んだら良いかわからない。」、「120万円といってもそんなにお金はないよ。」などと思う方もいると思います。そのような方には、毎月一定金額を積み立てていく積立式の投資信託から始めたら良いと思います。始めるために多くの金額を必要としませんし、リスク分散にも繋がります。

 

NISAの注意点としては一般・特定口座のように損益通算ができないことや、120万円を超えた部分については課税される点が挙げられますが、その点に注意すれば、うまく活用できると思います。

 

今、投資について関心がない若い世代の人たちにNISAという制度のメリットを知ってもらい、投資の必要性を感じてもらいたいです。